ストレスとプレッシャーの捉え方 | 低価格高技術アロマリンパ&出張マッサージ 京都 CLOVER & RAINBOW

ストレスとプレッシャーの捉え方

クリックで詳細ページへ…

「恥じらい」は… 「恥ずかしさ」は… 「恥じらい」は… 「恥ずかしさ」は…

#HappyClover by CLOVER & RAINBOW

こちらにも関連しますが…

うつ病は「感情」の病気であり「心の風邪」とも呼ばれるほど一般的な存在。うつ病になりやすいといわれる性格は… 単純にはストレスになっている根源部分を消せないでしょうから、間接的に効果が期待できると考えられる方法として… 人生に話を広げて換言すれば…

「ストレス」とは…

思い通りにならないものに対して感じる「精神的苦痛」といったもの。


過度のストレスがかかる状態が長期間続くと健康にも美容にも害がもたらされる… ストレスの根源を排除できればベストですが、なかなか単純にはいかない場合も多い… だから、よく言われる言葉ですが、「ストレス発散」という作業が重要。


さらに言えば…

「ストレス耐性」を高めることができればベターかなと思います。

私なりにキーワードと思うのは…

自分ではどうしようもないことで悩んでいても意味が無く、自分で何かできる部分に目を向けて注力すべき。単純に「感情のままに…」ではなく感情を「自分の意志・気持ち」として整理。悲しい場面に遭遇した際も、自分なりの考えを持って立ち上がることで新たな世界が広がる☆

「どうしようもないことで悩んでいても意味が無い!」

すなわち…

どうしようもない部分は無視して流してしまい、

「自分にどうにかできる部分に対して自分なりに行動を起こす」ということ。

一方、「プレッシャー」は…

「不安・緊張」などのほか、期待の裏返しである「重圧」といった側面もありますが、ストレスとは根本的に性質が異なるように思います。なぜなら、プレッシャーの背景には「楽しみ」といったものがあるから。


そして、ストレスとプレッシャーに共通する側面としては…

「押しつぶされずに結果を残したところに成長がある」

アグレッシブに表現すれば…

「ストレスやプレッシャーを感じない環境にばかり身を置いていては成長は無い!」

人にもよるかもしれませんが、

しびれる様な緊張・重圧をたまには積極的に経験するのもいいかも…

そんな風に思います☆


 

いいね!・リツイート・ブックマーク… 拡散お願いします☆

Thanks a lot for your share in advance ☆