メタボリックシンドロームとは… | 低価格高技術アロマオイルリンパマッサージ 京都 CLOVER & RAINBOW

メタボリックシンドロームとは…

クリックで詳細ページへ…

「甘える」ことから生まれる信頼関係

「甘える」ことから生まれる信頼関係

たるむのはお尻だけじゃなく声も…

 

雪の金閣寺 Snow Kinkaku

昔は「成人病」と呼ばれていたもの。

発生年齢が若年化していることから、

現在は「生活習慣病」と呼ばれています。

不規則な食生活、運動不足、睡眠不足、ストレスなど、

生活習慣が要因となって発症したり進行したりする病気であり、

加齢や遺伝的な体質もその要因。


主なものとしては、

がん、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、

高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、痛風、etc

初期には特別な症状が現れず発見が遅れやすい…

肥満・飲酒・喫煙・偏食・塩分の過剰摂取・ストレス、etc

これらが要因ですが、直接起因するのではなく、

内臓脂肪の過剰蓄積が原因とされています。


ちなみに、「肥満」には2種類あり、

・内臓脂肪型

 おなかの内臓のまわりに脂肪がたまるタイプ。

 上半身に多くの脂肪がつき、中年以降の男性に多く見られる。

・皮下脂肪型

 皮膚の下にある組織に脂肪がたまるタイプ。

 おしりから太ももにかけての下半身に多くの脂肪がつき、

 女性に多く見られる。


そして…

「内臓脂肪型肥満」の人で、

「脂質異常」「高血圧」「高血糖」のうち2つ以上を併せ持つ状態。

それが「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」となります。

さらなる詳細は厚生労働省のページを参照

「スマート・ライフ・プロジェクト」は「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、運動、食生活、禁煙の3分野について具体的なアクションの呼びかけを行う国民運動です。


加齢や遺伝的な部分はどうしようもないかもしれませんが、

生活習慣の部分は自分自身でコントロール出来る

換言すれば…

「メタボリックシンドローム」状態は避けることが出来る

すなわち…

「生活習慣病」の予防や発症・進行を遅らせることが出来る


ごく一般的に言われることですが…
 
食生活

三大栄養素:糖質・タンパク質・脂質のほか、

ビタミン・ミネラル・食物繊維を適度にバランス良く摂取。

運動

近くの駅やスーパーには車を使わずに歩いたり、

散歩やジョギングなど適度な運動時間を継続的に設定。


ストレスの全くない生活はあり得ないでしょうし、

時には「自己成長」のためにも必要なものだと思います。

すなわち…

「ストレスと上手く付き合う」ことが大切であり、

心にも身体にも、その両方のバランスを保つ上で、

「アロマセラピー」の活用もとても有効だと客観的にも思います。


参考まで・・・

 

クリックで詳細ページへ…

時間は作るもの

時間は作るもの

Instagram Wide – Worldwide Journey

 

京都の絶景まとめ

 

いいね!・リツイート・ブックマーク… 拡散お願いします☆

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Thanks a lot for your share in advance ☆

I'm very happy for your follow ☆